♪この「恋愛ブログ★魔法で素敵な恋をしよう」を読んだあなたは……♪


 たくさん実行すればするほど、変わっていくあなたに、あなた自身も、そしてあなたの周りの人たちもびっくり!!

 彼、彼女がいない方、あなたのちょっとしたアプローチでかっこいい男性、かわいい女性が寄ってきてしまうでしょう。

 彼、彼女がいる方、たくさんの男性、女性が寄ってきてしまうかもしれません。くれぐれも浮気、不倫にはご注意を!

 彼、彼女のみならず、子供、友達、同僚、上司との人間関係がスムーズになります。

 自分に自信が持てるようになり、人生の次のステップのための準備が出来ます。


そんな素敵なことが起こります! 素敵な恋もできます。
ぜひ、試してみてくださいね。 毎日が幸せな日になりますように! 

by 恋愛コーチ・キース




恋愛、人間関係がどんどん良くなる、すぐに役立つ無料レポートをお配りしています。
→ダウンロードはこちらです。←

 
2006年04月01日

ごめんね

僕の父親は、自分の非を素直に認めることができない。

あるいは、認めているのだけれど、それを素直に言葉にできない、

そんな父親なんです。


最近でこそ、少しやわらかくなりましたが、

本当に、昔は怒鳴ってばかりでした。

表現の不器用さで損をしているタイプなのでしょうね。


ちょっと何かで、父親を非難した家族は大変です。

父親が気がおさまるまで、怒鳴り声を聞かなければなりません。

そのおかげでちょっといいこともありました。

人が多少怒鳴っていても、そんなに気にならなかったり、

そんなに気が滅入らなかったり、

あっ、でも書いてて、それがいいことなのか、

ちょっと疑問にも思えてきましたが。


そんな父親が、素直に、

「ごめんね」

そういってくれたら、家族は、どんなに平和だったろうと思います。

そして、お互いにもっと素直になれたかな。

今、自分に余裕があるから、そんなふうに父親のことを考えられる、

そう思うのです。

悪い父親ではないんですが、育った環境が影響しているのでしょうね。

父親の兄弟も似たような感じです。


そんなことで、

「ごめんね」

の大切さを嫌と言うほど知っている僕ら兄弟は、

「ごめんね」

をとってもたくさん言う兄弟になりました。

あまりにも、軽々しく言うのはちょっと考えものですが、

「ごめんね」

そう言えないのは、もっと考えものです。


「ごめんね」

自分が悪いと思ったら、素直にそう言える、

そんな自分になりたいですね。

そして、素直に言い合えるカップル、夫婦になりたいですね。

そして、素敵な日々を送りましょう!!


「恋愛ブログ★魔法で素敵な恋をしよう!」
  <ハッピーラブサポーター キース>


ランキングは何位かな? ご協力お願いします。


よかったら してくださいね! 感謝!

◎mixiのメンバーの方、こちらのコミュニティのメンバーになりませんか?
みんなで考えて、一緒に素敵な恋愛をしましょう!


メルマガ・「魔法でステキな恋をしよう!」を始めました。ご購読はこちらからどうぞ。あなたの幸せに役立つよう、一生懸命書いていきます!!

◎♪2人の仲がもっと素敵に!
    ♪もっと素敵な人に出会えるようになるかも!
僕、キースによる幸せ恋愛コーチングを体験してみませんか?
ご希望の方はこちらへ。あなたの素敵な恋愛のお手伝いができれば幸いです。

posted by 恋愛コーチ・キース at 02:16 | Comment(7) | TrackBack(0) | 言葉でかける魔法
この記事へのコメント
[玄関]・▽・)ノ おじゃまします♪
あたしは何気にすぐ謝ってしまう
すみません・・と
あんまり謝りすぎて
パートナーをイライラさせてしまう事も・・
逆に謝りすぎると価値が軽いと言うか
重みがなくて余計に怒られます・・・
本当にあやまっていても
そうとられなかったりするんですよね・・・

応援ポチ凸
Posted by Sarhto at 2006年04月01日 20:21
昔の人は。。。
謝ったら負け。
威厳がなくなると考えてたのでしょうね。
いっぱいいっぱいで、生きてきた。
否定なんかされると、
聞く余裕ない。
大変でしたねー。
Posted by AB さそり座 バツイチ の 考え方 at 2006年04月01日 21:54
おじゃましま〜す(^^)
謝るのってすごく重要ですよね☆
良い勉強になりました。
これからもチェックさせて頂きますね

Posted by yamaken at 2006年04月02日 00:45
私の周りには泣いてばかりの人や愚痴ばかりこぼす人、
いろんな人がいるけれど、みんなその人なりの表現で
私に気持ちを伝えてくれていると思います。
なかなかうまく言葉で表現出来なくても
表情や声で気持ちを汲み取ることは出来る。
それで大概のことはわかります。
『ごめんね』
なかなか言えない言葉かもしれませんが、
相手に自分を受け入れてもらえると感じた時には
すんなり言えるんじゃないでしょうか。
大切な人にとってそう感じてもらえるように在りたい。
そうすれば素直に気持ちを言葉に出来るような気がします。
言葉にしないと伝わらない、言葉にすることで大きな意味を持つ、
そんなこともありますよね。





Posted by hal at 2006年04月02日 02:42
>Sarhtoさん
いつもありがとうございます。
そうなんですよね、あやまりすぎも……
その気持ち、すごーくわかります。


>ABさそり座バツイチの考え方さん
コメントありがとうございます。
父親は、その昔の人の典型的なパターンなんですね。きっと。
負けん気は強いですよ!!
またきてくださいね。


>yamakenさん
コメントありがとうございます。
がんばって書いていきますので、また寄ってください。

>halさん
大切なことを教えてくださってありがとうございます。
そうですね、「ありがとう」と言ってもらうことのできる環境を作ることも大切ですね。
言ってもらうために何ができるか、受けるほうも考えて行動できたら、もっとお互いに分かり合えるんですね。
Posted by Keith at 2006年04月04日 00:03
昔、素直に謝れる人が一番強いと言われたことを思い出しました。頑固な私にはガツンときましたね(ノ_<。)

今はちょっと丸くなったし、人は少しずつ変わるんでしょう。。。
身体も丸くなったけど(-"-)
Posted by Dolly at 2006年04月13日 07:50
Dollyさん、ありがとうございます。
お礼が遅くなりました。

頑固な人が、頑張って、努力して「ありがとう」と言ってくれているのがよく分かる、そんな姿に、僕はとっても感動してしまいます。
そんな努力があるから、そして、やっぱり変わってゆくから楽しい、そう思ってます。
また、来てくださいね。
Posted by keith at 2006年04月24日 03:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック