♪この「恋愛ブログ★魔法で素敵な恋をしよう」を読んだあなたは……♪


 たくさん実行すればするほど、変わっていくあなたに、あなた自身も、そしてあなたの周りの人たちもびっくり!!

 彼、彼女がいない方、あなたのちょっとしたアプローチでかっこいい男性、かわいい女性が寄ってきてしまうでしょう。

 彼、彼女がいる方、たくさんの男性、女性が寄ってきてしまうかもしれません。くれぐれも浮気、不倫にはご注意を!

 彼、彼女のみならず、子供、友達、同僚、上司との人間関係がスムーズになります。

 自分に自信が持てるようになり、人生の次のステップのための準備が出来ます。


そんな素敵なことが起こります! 素敵な恋もできます。
ぜひ、試してみてくださいね。 毎日が幸せな日になりますように! 

by 恋愛コーチ・キース




恋愛、人間関係がどんどん良くなる、すぐに役立つ無料レポートをお配りしています。
→ダウンロードはこちらです。←

 
2006年11月18日

心の中に太陽を!

こんばんは。

素敵な金曜日の夜を過ごされましたか?

週末の予定はいかがでしょうか?



今日は、「心の中に太陽を」ということで、

最近の僕の中の大きな気づきをお伝えします。


例えば、あなたは彼のために尽くしすぎて、

あるいは、彼女のために尽くしすぎて、

すごく犠牲になっている感覚はありませんか?

パートナーのために、消耗してしまっている感じはしませんか?


パートナーが大きな太陽だと思ってください。

その大きな太陽の光を浴びて立っている自分の後ろに

黒い影ができているのが見えますか?


そう、パートナーの光が強ければ強いほど、

あなたの影はくっきりとでき、

あなたの中のどこかアンバランスな部分、

犠牲にしている部分、辛い部分が浮き彫りにされます。


そんなこと、経験したことがありませんか?


そこで、影をできるだけ作らないようにしたいですよね。

そのためにどうするか。



自分の胸の真ん中辺りに大きな太陽を持ってきてみてください。

どうでしょう。

そうすると、周りに影はできますか?

影は消えてしまうでしょう。


例え、外で太陽が光っていても、

中の太陽の光が強ければ、影はできないんです。


これを例えて言うと、

パートナーの影響力は大きいかもしれない、

でも、常に自分を持って、

自分が楽しいから、パートナーのために何かをやってあげる、

自分が嬉しいから、パートナーにプレゼントを贈る。

自分が充実しているから、パートナーと一緒にいたい。

自分が愛しているから、パートナーに愛をあげたい。


そんな恋愛の在り方をしている、

それが、心に太陽を持つ恋愛だと僕は思います。


それを間違えて、

パートナーが喜ぶから、パートナーのために何かをやる、

パートナーが嬉しいから、プレゼントをあげる

 ・  
 ・ 
 ・

だと、パートナーの太陽が強くなりすぎて、

影ができちゃうんですね。

それが、長引くと、身体や心に出てきて、

どこかが歪んできてしまうかもしれません。


あなたは、あなたの太陽を輝かせていますか?

同じことをやっていても、太陽を輝かせる恋愛と、

影を浮き彫りにする恋愛、

あなたの考え方次第でどちらにでもなります。

やっぱり、あなたの太陽を輝かせて欲しいなあ。


僕も、常にそれを心がけて、生きようと思います。


よい週末をお送りください。



「恋愛ブログ★魔法で素敵な恋をしよう!」
  <ハッピーラブサポーター キース>


ランキングは何位かな? ご協力お願いします。


よかったら してくださいね! 感謝!

◎mixiのメンバーの方、こちらのコミュニティのメンバーになりませんか?
みんなで考えて、一緒に素敵な恋愛をしましょう!


メルマガ・「魔法でステキな恋をしよう!」を始めました。ご購読はこちらからどうぞ。あなたの幸せに役立つよう、一生懸命書いていきます!!

◎♪2人の仲がもっと素敵に!
    ♪もっと素敵な人に出会えるようになるかも!
僕、キースによる幸せ恋愛コーチングを体験してみませんか?
ご希望の方はこちらへ。あなたの素敵な恋愛のお手伝いができれば幸いです。


posted by 恋愛コーチ・キース at 03:35 | Comment(1) | TrackBack(0) | 心の輝きでかける魔法
この記事へのコメント
ミクシィ画像ありがとうございます。

火曜日、朝にミーティング お願い致します。
Posted by サニーより at 2006年11月20日 00:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック